ガブちゃんの成長

15:コーギーのガブリエル

子犬のガブリエル、生後6ヶ月を過ぎました。
およそ15年以上ぶりに子犬育てをする私たちも、そして初めて育てられるガブちゃんも、よくがんばりました。


生後1ヶ月頃のガブちゃん。この頃はまだ親元で暮らしています。

こんなに小さかったガブちゃんです。
ジルの子犬時代、あっという間の可愛い子犬の時期を全然堪能できませんでした。
子犬を育てるのが初めてだったし、いたずらばかりするし、トイレの世話に明け暮れ、一変した暮らしについていくのがやっとでした。
だから、ガブちゃんの子犬時代は今度こそ堪能しよう!と心に決めていました。
…でも結局ジルの時と同じで、再び一変した暮らしに右往左往するばかりの私でした…!

こうやって、撮りためたガブちゃんの幼い頃の(今も幼いけど)写真を見返していると、なんて可愛くて、愛らしくて、健気なんだろう。


最初は散歩も抱っこかバッグに入れられて。


生後3ヶ月くらいの時、パピークラスに通いました。
かかりつけの動物病院で開催されているクラス、おかげでガブちゃんは病院や病院のスタッフさん達が大大好きになりました。


生後4ヶ月。
ずいぶん大きくなりました。
折々に同じポーズで写真を撮っています。


この頃のガブちゃんはとにかく散歩が嫌い。
内弁慶で、家ではバリバリにいたずらして駆け回って元気いっぱいなのに、散歩となると途端にテンションが下がってほんと〜〜に嫌そうに散歩(と言うか連行)してました。

最近では、散歩大好き!というわけではないけれど、道路にしがみついて絶対動かない!ということはなくなりました。


お腹見せが得意技です。


4月の終わりに、森のひとときのドッグラン付きコテージに泊まりました。
慎重派のガブちゃんなので、知らないところに泊まるのはどうかなあ…と内心不安でした。
が、意外にもドッグランを楽しそうに駆け回り、夜はぐっすり眠り、粗相もせず、いいところを見せたガブちゃんでした。


こどもの日に、京都動物愛護センターのドッグランで。
ここでも楽しげに他のわんこちゃんたちと遊び、意外な面を見せるガブちゃんです。


5月半ば、福井県のガラガラ山キャンプ場でのキャンプ。
初テント泊も楽しそうだし、道中の車の中ではケージの中でぐっすり眠っているしで、ガブちゃんのことをずいぶん慎重で繊細だなあ、、と思っていたのですが、本当はなかなか神経太いのかもしれません。


そして6月に入ってすぐにまたキャンプ。
マキノ高原へ。
もうすっかりこういうおでかけにも慣れたようで嬉しい限り。

ガブちゃんがそのへんのものを気軽に破壊しなくなったら、犬OKの宿にも行きたいなあ。
いつになることやらさっぱり分かりませんが。。。

ガブちゃんが今までに破壊したものリスト
・ひとりがけソファ(通称緑の椅子)
・リビングのラグ
・玄関マット
・パンダのぬいぐるみ