夢かもと思った日

01:日々の雑記

Hanshin Koshien Stadium

昨日、甲子園球場に阪神戦を観に行ってきました。
対するは読売ジャイアンツ。
まだ夢心地の私です。
もうすぐ今日の試合が始まるというのに。(今日もvs読売戦)
昨日の試合のことがぐるぐるふわふわと頭の中を回り続けています。

数日前になんとなくふらっと取ったチケット。
いつもは夫と行くのだけど、この日は平日で夫は仕事なのでひとり観戦。
ひとりで野球を観るのもわりと好きです。やたら集中できるし。

でもなんだか、「ふらっと取った」わりに嫌なプレッシャーを感じる。
なんせ私の甲子園勝率は2018年ゼロパーセント、続く今年もゼロパーセント。
私が行ったら負けるのかもしれない…。
ありがちな妄想かもしれないけど、また負けるかも…。

昨日は仕事が結構忙しなかったこともあり、そのせいにして、またひとりの気ままさをいいことに、直前まで「やっぱり行かないとこうかな〜」と迷っていました。
でも出来心で行ってしまった。
行って本当に良かった。
延長12回裏、まさか髙山の代打サヨナラ満塁本塁打が見られるとは…!!

私がいたのはライトスタンド。
打球がスローモーションでふわあとこちらに飛んできたように見えた。
うまく理解できずにただ見つめていると、まわりの人たちがジェット風船を飛ばしたり大声で叫んだりしている。
隣の席のおにいさんに「ええっ!」と確認したら、言葉になってない叫び声と満面の、というよりぐしゃぐしゃの笑みを返された。
(ちなみにマルテの同点ホームランの時もこのおにいさんに確認した。何度もすみません)

帰宅したら0時を軽く回っていたけど、疲れは全く感じず。
夫が起きて待っててくれました。
一緒に録画してもらったプロ野球ニュースを観ました。
夫も家でラジオを聴きながらサヨナラホームランに狂喜し、つられてガブちゃんもテーブルに登ったりして騒いでいたらしい。

すっかり興奮してしまいなかなか寝付けませんでしたが、朝は爽やかに起きて、ずっと機嫌の良い私です。
こうやって懲りもせずまた甲子園球場に行ってしまうのだろうな〜