日常

01:日々の雑記

image

夫が昨日から出社を始めて(まだかなりの時短勤務ですが)、少しずつちょっとずつ日常が戻りつつあります。
例えば、朝の夫とガブちゃんとの散歩。夫が淹れるコーヒー。ウクレレの音。夜寝る前の時間に見るテレビ。

違ってきたこともたくさん。
夫がお茶を常飲するようになった。
(入院中お茶ばかり飲んでいたから。帰宅後のお気に入りは一保堂のいり番茶です)
毎朝起床時、夜寝る前の血圧測定。
その他色々。

今、夫の胸には植込み式の小さな心電計が埋め込まれています。
そこから取った心電図のデータが常時サーバに飛ばされ、そこに夫の主治医が適時アクセスできます。
そうやって夫の心電図を病院に行かずして、心電計をわざわざ装着せずして、チェックしていただけるのです。
この胸の心電計による日常生活の不便は特になく、本当に本当に…テクノロジーの進歩に感謝しています。

夫が救急搬送された時、ICUにいる間、退院が決まるまでの間、退院して病院外の世界に夫が酔ってしまってぐったりしているのを見た時、もう元の日常には戻れないんだなあと、自分でも驚くくらい冷静にそう思っていました。

だけど、幸いなことに夫には何の後遺症も残っていない。
最善のタイミングで最善の治療をしてもらえることができた。
こんなに幸運なことはないです。
あんな目に遭ったのに。
これで、元通りの日常に戻りたいと思う必要があるでしょうか。

日々の生活は儚いです。
夫がこうやって会社に行き始めることができたのも、私が今ブログを書いていられるのも、ガブちゃんがのんきな顔でお昼寝していられるのも、色んなことのタイミングの、ほんの少しの違いで成り立っている。
本当に少しの違いなんだと思います。
自分たちにできることもたくさんあるけど、どうしようもできないこともたくさんあって。

みんな元気でいられますように。
元気になりますように。
幸せに暮らせますように。

01:日々の雑記日記

Posted by macco