写真展『たおやかに 唄う 日々』

04:写真とカメラ, 27:お知らせ

大阪市天王寺区の桃谷に新規オープンされるカフェ「青星」。
こちらのオープニング・エキシビジョンとして写真展が開催されます。
私も出展させていただきますので、お知らせします。

2018年7月16日(月) – 8月12日(日)
10:00-19:00(最終日は18:00まで)
水曜日定休

青星
大阪市天王寺区勝山4丁目6-11
06-6776-2593
JR桃谷駅から徒歩5分

出展作家:
岩野和美
小西万紀子 (←私です…)
しらかわ
Hiehiko Yunoki
小林奈々美

今回の展示のキュレーションは小林奈々美さんの「写真制作室 ans.」です。
私は小林先生の以前教えていらしたアクリュ写真教室で写真を学んでいました。
その出会いで今回の展示にお誘いいただきまして、二つ返事で参加を決めました。

私が撮っている写真は基本的に家族写真、または自分の半径5メートル以内くらいで起こっていることへの目線の写真です。
もちろん、ジルの生前はジルとの写真もたくさん撮りました。
その生活の写真をzineにまとめたり、写真展に出したり、、。
いつか終わると心のどこかで意識していた生活ですが、経験してみるとそれは終わりではなく、区切りでした。

今回展示する私の写真は3点。
前回までの写真展やzine等をご覧になってくださってる方にも是非観てほしい、続きの写真です。
様々な形の区切りの上を歩きながら、続いていく生活の写真です。

「青星」さんは美味しいコーヒーが自慢の素敵なお店になる予定です。
(これを書いている時点でまだオープン前なのです)

みなさま是非お越しください!