02:イラストレーション

デュオ

「デュオ」というタイトルのイラストを描きました。

グループ展でお会いした方々に、また時々ネットでもどうやってイラストを制作しているか質問をいただくので、最近の制作過程を記録してみました。

まずはアイデアスケッチ。
使った後のA4コピー用紙の裏に鉛筆で描きます。

アイデアスケッチ

なんとなく「こんなの描いてみたい!」というアイデアだけしゃしゃっと描きます。
描いてみて「こんなの」がなんだ〜ということもありますし、これは描いてみたい!となる時もあります。
今回は「これは描いてみたい!」だったので、ラフを整えます。

ラフ

整えると言ってもこの程度ですが…。
顔も描いてないですし…。

画用紙

このラフを元に画用紙に鉛筆で下描きします。
私は筆圧が強くて下描きが濃くなりすぎるので、この後練り消しゴムで線を薄くします。

ちなみに画用紙は水彩紙のホワイトワトソンを使っています。
A4サイズで天糊綴じの一枚一枚きれいに剥がせるタイプです。
後でスキャンするので、またスキャナがA4まで対応のものしか持っていないので、そしてA4サイズが何より描きやすいので、特にホワイトワトソンでなくては!ということはないのですが、一枚一枚剥がせるA4水彩紙を重宝しています。

絵はオブジェクトごとに別々に描きます。
背景も別に描きます。

アクリル絵具

アクリル絵具と水彩色鉛筆でだいたいのところまで描きます。
絵具を使うのは準備など面倒なので省略できればしたいところですが、面の表現がしやすいのと、思いがけない好ましい表現ができたりするので、なかなか省略に至りません。

だいたいのところまで描けたら、スキャナでスキャンします。
そして別々に描いた背景やオブジェクトをPhotoshop上で組み合わせて一枚の絵の形にします。
わざわざ別々に描くのは後で色やレイアウトなどを調整しやすいからです。

経過photoshop

ここまでできたらiPad ProのProcreateにこの絵を持ってきます。
レイヤーを保持したままやりとりできるのでとても便利でありがたいです。
なぜかこの方法が一番安定してうまくいくのですが、Dropbox経由でMacとiPad間をやりとりしています。

そしてProcreateで細かいところを作り込みます。
ここの作業が一番楽しいです。

最後にもう一度Photoshopで読み込んで、色調整などをして仕上げます。

duo_mockup

できあがり

 

02:イラストレーション

IMG_8386

久しぶりのイラストの展示でした。
MOUNT tokyoの企画展『Nice People #6』
約2週間の会期中、たくさんの方にお越しいただき本当にありがとうございます。

毎日でも在廊していたい私でしたが、諸々叶わずラストの週末の8日と9日に東京へ。

IMG_8388

夫も「行きたい!」と乗り気で一緒に来てくれましたので、せっかくだからと素敵なホテルに宿泊しました。
目黒のCLASKA。
おしゃれで居心地の良いホテルでした。
朝食もとても美味しくて感激しました!

IMG_8393

今回、aikoberrykojiしらいゆみ(敬称略)の三人のイラストレーターのみんなとご一緒させてもらいました。
素敵な出会いが嬉しいです!

IMG_8387

物販テーブル

私は作品全5点をポストカードのセットにして販売しました。
大量に作ったので、こちらの残りはまた後日ネット販売したいなあと思います。

DSCF8023

テーマである「Nice People」から「好きな人、気になる人」
私は折にふれてちょくちょく描いているシューベルトを描きました。
こちらは額装もなかなか気に入っています。

アヴェ・ヴェルム・コルプス

ave verum corpus

もう1点、今回の作品で気に入っているものを。
タイトルは「アヴェ・ヴェルム・コルプス」と読みます。

こちらはもともとフルデジタルで描いたものがあったのですが、構成やアイデアは好きなのに肝心の仕上がりがうーんという感じで気に入っていなかったものを、アクリル絵具と色鉛筆で再制作し、スキャンしてPhotoshopで仕上げ直しました。
色も雰囲気もテクスチャーもいい感じにできあがって嬉しかった作品です。

タイトル、十字架、ロバ、とベースにキリスト教のイメージがあります。
が、おひとりおひとりの視点で自由にご覧いただけたら嬉しいです。

 

2日間だけの在廊でしたが、とても刺激的で楽しい週末になりました!
また新しい何かを制作する活力になりそうです。
改めて、ご来場のみなさま、お世話になったMOUNT tokyo初め関係者のみなさまありがとうございました。

01:日々の雑記

Hanshin Koshien Stadium

昨日、甲子園球場に阪神戦を観に行ってきました。
対するは読売ジャイアンツ。
まだ夢心地の私です。
もうすぐ今日の試合が始まるというのに。(今日もvs読売戦)
昨日の試合のことがぐるぐるふわふわと頭の中を回り続けています。

数日前になんとなくふらっと取ったチケット。
いつもは夫と行くのだけど、この日は平日で夫は仕事なのでひとり観戦。
ひとりで野球を観るのもわりと好きです。やたら集中できるし。

でもなんだか、「ふらっと取った」わりに嫌なプレッシャーを感じる。
なんせ私の甲子園勝率は2018年ゼロパーセント、続く今年もゼロパーセント。
私が行ったら負けるのかもしれない…。
ありがちな妄想かもしれないけど、また負けるかも…。

昨日は仕事が結構忙しなかったこともあり、そのせいにして、またひとりの気ままさをいいことに、直前まで「やっぱり行かないとこうかな〜」と迷っていました。
でも出来心で行ってしまった。
行って本当に良かった。
延長12回裏、まさか髙山の代打サヨナラ満塁本塁打が見られるとは…!!

私がいたのはライトスタンド。
打球がスローモーションでふわあとこちらに飛んできたように見えた。
うまく理解できずにただ見つめていると、まわりの人たちがジェット風船を飛ばしたり大声で叫んだりしている。
隣の席のおにいさんに「ええっ!」と確認したら、言葉になってない叫び声と満面の、というよりぐしゃぐしゃの笑みを返された。
(ちなみにマルテの同点ホームランの時もこのおにいさんに確認した。何度もすみません)

帰宅したら0時を軽く回っていたけど、疲れは全く感じず。
夫が起きて待っててくれました。
一緒に録画してもらったプロ野球ニュースを観ました。
夫も家でラジオを聴きながらサヨナラホームランに狂喜し、つられてガブちゃんもテーブルに登ったりして騒いでいたらしい。

すっかり興奮してしまいなかなか寝付けませんでしたが、朝は爽やかに起きて、ずっと機嫌の良い私です。
こうやって懲りもせずまた甲子園球場に行ってしまうのだろうな〜